高級魚・ハモ(鱧)とあなご(穴子)とうなぎ(鰻)、似ているけど違いは?【関東or関西】

【お知らせ】

秋吉穴子が通販で美味しさそのままに召し上がれるようになりました!!

【あなごめしセット4人前】県外の方もご利用できるようになりました!

 

皆さん、こんにちは!^^

 

今日もおいしいあなごを追い求めている秋吉です!

下手くそですが動画を撮ってみました(笑)

 

 

 

実は、過去にこんな質問をいただいたことがあります!

 

「ハモとアナゴってどう違うんですか?」

 

・・・うなぎとあなごの違いを聞かれることはよくありましたが、

ハモとの違いについて聞かれるなんて!と思いました()

私も鱧のことは詳しくなかったので勉強してその疑問を解決いたします!!

 

 

うなぎとあなごの違いについてまとめたものはこちらになります!

穴子とうなぎの違いとは?

 

 

 

実はハモ(鱧)って、

関西圏では当たり前に食べられている魚なのですが、

関東ではあまりポピュラーではない魚です!

 

しかも、

中にはあなご(穴子)とハモ(鱧)がまったく同じ魚だと考えている人もいるみたいです!!

 

そこで今回は、ハモとあなごにどんな違いがあるのかをご紹介していきますね!(^^)!


ハモ(鱧)ってどんな魚と?

はも(鱧)ってどんな魚と?

 

ハモ()について、皆さんご存知でしょうか?

 

ハモ(鱧)はアナゴ(穴子)やウナギ(鰻)のように細長い体をしているので、

あなごに似ている!とよく言われるんです!

 

実は、

ハモは「ウナギ目・ハモ科」に分類される魚の一種で、

広く言えばあなごやうなぎの仲間ということですね!

 

そりゃ~似ているはずですよね!

 

日本でも広く生息している魚で、

特に京料理によく使われる食材として重宝されています!

 

日本なら本州の中部以南に生息していて、よく獲れるのは沿岸部となっています。

 

ハモの湯引きや天ぷらといった料理がおいしいと有名のハモですが、

あなごとは具体的にどう違っているのでしょうか?


ハモとあなごの違いについて

 

あなごは大きくなると全長1メートルくらいで太さも手首を超えてきます!

食べられるのに美味しくて最適な大きさは30センチから40センチほどです!

 

ハモの場合は、

なんと最大で2メートルを超える大きさになるといいます!!!

 

さらに口がとても大きく、

目の後ろまで裂けているうえに歯がとても鋭いのが特徴!

 

かなり攻撃的で噛みついてくるため、

もし釣りでハモを釣ったら要注意です!

 

 

下記にあなご釣りに行った話をまとめています!

ぜひチャレンジをしてみてくださいね!^^

アナゴを釣って美味しく食べよう!穴子屋が教えるアナゴ釣りと料理

 

 

あなごと同じように、

昼間は岩の影やすき間に潜って休んでいて、夜になると行動をはじめます!

夜行性なのですね!


ハモのおいしい食べ方と処理方法

 

ハモは、あなご同様に細かな骨があります。

 

しかし、

その太さはまったく違うもの!!

 

あなごは煮あなごなどにするとほとんど小骨が気にならない口触りになりますが、

ハモの骨はもう少し太く、食べるときに口に残ってしまいます!

 

そこで行うのが「骨切り」という処理です!

鱧の骨切

 

あなごと同じように身を開き、

骨に包丁を入れて身を下まで切らないようにするという方法。

 

骨のみをとても細かく切る作業なので、文字通り骨の折れる作業です・・・。

 

ハモを扱う板前さんは

「一寸(3センチ)につき26筋」を入れられるようになったら

一人前と言われることもあり、

もしも家庭で骨切りを・・・と思ったらとても大変ですね。

 

ジャリジャリと骨を細かく切ったら、

湯がいたり焼いたりするなどして調理し、いただきます!

 

・ハモの湯引き

・ハモの天ぷら

・酢の物

・白焼き

・かば焼き

・ハモチリ

 

など、

ハモは料理のレパートリーがとっても豊富なんです!!

 

ハモの湯引きは、

骨切りしたハモがふわっと花のようにひろがって見た目もきれいですし、

梅肉や酢味噌でいただくさっぱりお刺身として人気の逸品です!

鱧の湯引き

 

また、ハモは愛媛県や兵庫県でよく水揚げされています!

 

そのほかにも、

長崎港での水揚げ量も多いです!

 

長崎港といえば、

長崎県・対馬市においてあなごの水揚げ量が日本一の漁港!!

 

対馬というおいしい魚が育ちやすい環境で、

あなごもハモもそれぞれ育っているんですね!

 

余談ですが、

対馬は海流と海流がぶつかる海のため

プランクトンも多くなり

美味しいエサに釣られて魚が集まりやすい場所なんです!


ハモが高級魚と言われるワケ

 

ところで、

ハモといえば高級魚として知られていますよね!

 

うなぎやあなごよりも食べられる機会が少ないハモですが、

どうして高級魚だと重宝されているのでしょうか?

 

これにはハモの生態が関係しています。

 

魚は水揚げされると、

新鮮な状態を保ったまま市場まで戻るため、

漁船のなかの生け簀(いけす)に入れて管理しますよね!

 

しかし…

ハモはかなり攻撃性が高いとお話ししました!!

 

そのため、

狭い生け簀の中だとハモがお互いに噛みつき合い、

最悪の場合は死んでしまうこともあるんだそうです……

 

恐ろしいほどの攻撃性でございます(^^;

 

しかも、

ハモは生きたものを新鮮なうちにさばかないと

湯引き(骨切りした身にお湯かける)をしたときに

うまく身が開かないので、鮮度がとっても重要なんです!

 

なので、生きているハモは貴重な存在として重宝されるんですね!

 

さらに、

ハモはあなごと同じように養殖の技術がまだまだ開発されていません。

鰻はジャンジャン養殖されているんですけどね…

 

うなぎは養殖技術が進んでいる一方、

あなごは仔魚(孵化したて)の状態はもちろん、

その大部分が謎につつまれています!!

 

またまた余談ですが

地球の70%を占める

広く深い広大な海!

人類はまだ海の20%も開拓できていないそうです!!

宇宙よりも謎だらけなんて言われていますね!!

 

脱線してしまいましたが……(笑)

ハモとあなごはうなぎと違って養殖ができないため、

高級魚として扱われるようになったんですね!


ハモとあなご、どちらの栄養価が高い?

 

私の大好きな栄養の比較です!(笑)

それでは、

ハモの栄養価について見てみましょう!

 

カロリー…144カロリー(161カロリー)

たんぱく質…22g(17.3g)

カリウム…450g(370)

ビタミンA59(500)

脂質…5.3g(9g)

 

参照:日本食品標準成分表

 

 

()内はあなごの数値

 

栄養価については、

あなごのほうが高いという結果になっています!!

 

カロリーや脂質はハモのほうが低く、

あっさり・さっぱりしていることがわかりますね!

 

特徴としては、

あなごよりも脂っぽさがなくさっぱりしていて、

カリウムが多く含まれているということ。

 

ハモの旬は夏(初夏)とよく言われていますが、

カリウムは体の水分量を調整してくれる働きを持っていることからも、

一理あるとわかりますね!


あなごとハモの違い、まとめ

 

ということで、

ハモとあなごは見た目から、

中身から似ているようでかなり違いがあることがわかりました!

 

また、

姿かたちが似ていても、

関東ではあなごを食べる習慣があり、

ハモを食べる習慣はない!

 

逆に、

関西ではハモを食べる習慣があるけれど、

以前はあなごをそれほど食べる地域ではありませんでした!

美味しいから食べてほしい!!!!!(笑)

 

このように、

少しずつ違いがあることがお分かりいただけたでしょうか?^^

 

 

初夏のハモは余計な脂分がのっていないため、

よりさっぱりしていまるという特徴があります。

 

関西圏以外の方で、ハモにあまりなじみがない・・・

という方もいらっしゃるかもしれませんね!

 

ぜひ、

あなごはもちろんハモにもチャレンジしてみてくださいね!^^

 

本当においしいあなごの通販はどれ!?穴子好きのおすすめ&ランキング

目指すのは日本一の穴子屋

秋吉穴子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA