穴子の旬はいつ?いつの穴子が美味しい?

穴子の旬はいつ?いつの穴子が美味しい?

 

さて、

さっぱりとしていて美味しい魚の穴子!!

結論から言いますと、

『旬は年に二回!!それぞれの旬で違う味!!』

二回ってなに?って思いますよね

その疑問にお答えして参りますね^^

 

 

あなごって

一年を通していつでも

寿司屋さんに置いてあるし

穴子丼もお刺身も天ぷらも

居酒屋さんや料亭で

季節を問わずお召し上がりになれる印象があります!

 

なぜ、

いつも穴子ってあるんだろうか?

って思いませんか?

そんな穴子の「旬」について詳しく紹介していきますね!(^^)!

 


穴子の旬は夏!?それとも冬!?

 

穴子の旬は夏!?それとも冬!?

一般的に穴子の旬は夏(6月〜8月頃)で

この時期にかけてよく穫れる魚ということが広く知れ渡っています!

この時期に獲れる穴子はさっぱりとしていて

天ぷらにすると美味しく召し上がれます!

 

夏になると屋形船などで穴子の天ぷらを美味しくいただくのも風流で良いですし、

もしくは、

ビールなどを飲みながら穴子の夜釣りを楽しむなど

私は大好きでやっています!(^^)!

まさに、夏の風物詩って感じですごく気持ちがいいですよ(笑)

※ビールをお召し上がる際はハンドルキーパーをじゃんけんで決めましょうね!

 

100年前から穴子はさっぱりとした風味が美味しいと言われており、

そのさっぱりとした風味の穴子を味わえる時期が、初夏から初秋にかけて獲れる穴子なのです!!

 

 

ですが!!!!!

 

冬(10月〜12月)に獲れる穴子は脂がのっており

大きさも70cmを超えるものがとれるようになります!!

脂のノリが一味変わりますので、

冬の穴子はこってりとうなぎに近い味わいになります!

 

夏から秋の旬か

冬の旬か

貴方様はどちらがお好きですか?

私のおすすめは、

 

 

どちらにも良さがありますので決められません!(^^)!(笑)

ごめんなさい!

 

穴子大好き人間が、

日本各地からあなごを取り寄せて食べ比べてみた!

本当においしいあなごの通販はどれ!?穴子好きのおすすめ&ランキング

 


地域ごとに違う穴子の旬と産地

地域ごとに違う穴子の旬と産地

 

穴子の旬は二回あると書きましたが、

それはなんで?って思われませんか?

だって、

魚って言えば

脂がのってた方がウマいって言われてるし

冬の方が脂がのって美味しそうって

思われるかもしれません!

 

なぜ『年に二回もあるのか?』

 

それは、

地域ごとで美味しいとされている穴子が違うからなのです!

 

全国各地の穴子が獲れる産地と

旬とされる時期をまとめてみますね!

冬場が旬な穴子の産地

 

長崎県 対馬

長崎対馬

対馬近海は穴子の産地として有名!

対馬のブランド穴子「黄金穴子

長崎県は水揚げ量全国一位

 

この「黄金穴子」の旬は冬場になります!

対馬で取れた「黄金穴子」はたっぷりと脂がのり、

コクがある魚としてお寿司屋では重宝されています!

 

黄金穴子は一年を通して美味しいですが、

刺し身で食べるならば冬場が最高とされています!

 

冬場に黄金穴子をお刺身で食べると、

穴子本来のふんわりとした脂の風味を存分に味わえますよ!(^^)!


兵庫県 明石

兵庫県明石

兵庫県の明石といえば、

蛸、鯛などの魚が獲れる場所として有名ですが、

穴子も蛸、鯛と並んで明石ではよく獲れる魚です!

 

・瀬戸内海の明石は水深が浅く穴子が生息しやすい

・昔から穴子がよく獲れる

・クロアナゴが獲れている

・クロアナゴはこってりした味わい

・『伝介穴子

 

よく食べられている穴子は「マアナゴ」という種類が多いのですが、

明石付近で水揚げされる穴子は「クロアナゴ」と呼ばれる種類になります!

クロアナゴはマアナゴよりも魚体が大きく、

初めて見る方はちょっとその大きさにびっくりするかもしれません!

 

ちなみに

江戸前と呼ばれる東京湾で獲れる穴子も

「クロアナゴ」です!

 

明石で獲れるクロアナゴは伝統的に「伝助穴子」と呼ばれています!

この伝助穴子の旬は冬場!

 

伝助穴子(クロアナゴ)は

マアナゴのあっさりとした風味と比べ、

脂がのったこってりとした味わいが特徴になります!

 

冬になり、

こってりとした伝助穴子を味わうには

鍋が最高ですよ!(^^)!

 

 

こったりとした風味をさっと煮ることで

伝助穴子の脂のくどさが落ち、

ちょうどよいコクが味わえます!

夏場が旬な穴子の産地

 

広島県 宮島

宮島厳島神社

 

広島県廿日市市にある宮島町。

厳島神社で全国的に有名な観光スポットです!

これは余談なのですが、

厳島神社は神の島と呼ばれており

土地にクワを入れるのは良くないとされているので

農作物を作るのは禁止になっているのです!!!!!

 

また、

島全体が神社なので

島にはお墓がひとつもないそうです!

 

これも余談なのですが、

鹿がいっぱいいて人間になれているので

すっごく面白い光景にも出会えますよ^^

行列の出来るお店の先頭は鹿が並んでました!

 

本題に戻りますが、

宮島で獲れる穴子にちなんだ

郷土料理である「穴子飯」が有名です!

 

広島に行かれたことがある方は、

お弁当として召し上がったことがあるのではないでしょうか?

 

この宮島で獲れる穴子の旬は「夏」

 

「穴子飯」は穴子を焼き上げて、

穴子の出汁をかけて食べるシンプルであっさりとした料理です!(^^)!

私はこのあなご飯に魅せられてお店まで始めちゃいました(笑)


宮城県 松島

宮城県 松島

宮城県の松島といえば、

日本三景で有名な場所ですね^^

松島は景観で有名ですが、

 

さらにさらに

漁場としても有名です!

 

・黒潮・親潮が合流する場所で豊かな海

・昔から穴子がよく獲れる場所

・松島湾の浅い海は穴子にとって住みやすい環境

 

松島で獲れる穴子の旬は『夏』

 

夏場は穴子を楽しみ、冬場は松島の名物である牡蠣を楽しむことができますね!(^^)!


東京湾

東京湾

江戸前寿司に代表される有名な寿司種といえば「穴子」ですよね!

東京湾で獲れる穴子は、

昔から江戸前を代表する魚でした!

羽田空港など東京湾は開発が進み、

昔ほど海産物に恵まれなくなってきています。

 

東京湾で獲れる穴子は「マアナゴ」ではなく「クロアナゴ」になります!

東京湾で獲れるクロアナゴはふっくらとしていて、

コクがあると定評があります!

 

東京湾で獲れる穴子の旬は『夏』

 

寿司種として使われる煮穴子、

そしてなんといっても天ぷらが美味しいです!

 

東京湾を屋形船で遊覧し、

穴子の天ぷらを楽しむのが夏の風物詩ですのでお試しくださいね^^

福岡博多

目指すは日本一の穴子屋

秋吉穴子