穴子の知られざる魅力とは?!

穴子を年間131本は
食べる私ですが、

ただ「美味しい」とだけじゃない!!
あなごの魅力を
お伝えしたいと想います!!

穴子には、
実は魅力がたくさんあるのです♪

ただ「美味しい」
だけじゃない?!

穴子の魅力とは?

実はお子様にも、
ご高齢の方にも、
女性にも・・・、

老若男女問わず、
家族みんなに喜ばれる
嬉しい効果があるのです!!

今回はそんな

食べて得する!!穴子の魅力的な効果について

ご紹介していきたいと思います^^

お子様の頭がさらに良くなる?!

えっ!かなり健康食材?!
ご高齢の方は
食べるべきです!

しかも!お肌に良い!?
カロリーは半分!女性の味方!!

こう聞くと
みんなに良いとこ
尽くしな穴子!

でも、まさに
その通りなんです!

脂溶性ビタミンを多く含む穴子は
うなぎと丸ごと食べる小魚を除くと

他の魚を寄せ付けないほど
多く含んでいます!

穴子を100g食べれば
1日分のビタミンA必要量を
ほぼ満たします!

そんなビタミンAは
疲れた目をサポートし、
視力を正常に保つ働きをします。

皮膚や粘膜の成長にも役立ちます。


また、中性脂肪や
コレステロール値を下げる

不飽和脂肪酸のEPA
(エイコサペンタエン酸)、

DHA
(ドコサヘキサエン酸)、

丈夫な骨を作る
カルシウムも多く含みます!

1.高たんぱく

脂質中の構成脂肪酸は、

コレステロールや
中性脂肪を増やす飽和脂肪酸より

不飽和脂肪酸
(EPA・DHA)が多く、

また、不飽和脂肪酸の中でも
オレイン酸のような植物油に多い

脂肪酸が多く含まれている為、

さっぱりとした
味わいの非常に健康的な食品です。

2.ビタミンA、
1日100g摂取でOK!

ビタミンAは眼の疲れや
肌荒れを治す効果があります。

中でも、真あなごは
ビタミンAが非常に多く、

他の魚の100倍近くを
含んでおり、

真あなごは100gで
ビタミンAの1日の必要摂取量

(成人男性2000IU、女1800IU)

を摂る事が出来ます!

3.EPAとDHC

EPAは
コレストロールを下げ、

中性脂肪を
減らす効果があり、

その結果血栓症、
動脈硬化の予防に役立ちます。

対して、DHAは
脳の発達や活性化に関わり、

認知症に効果があります!

さらにはガン予防や
コレステロール低下、

アレルギー症状緩和などにも
効果が期待できます!!

4.骨粗しょう症
予防に有効な
カルシウム

言わずと知れた
骨の成育に関わる栄養素!

骨粗しょう症予防に
有効とされ、

加えて傷の修復、
神経や筋肉の働きにも
関係している重要な栄養素です。

 

*穴子に含まれる
栄養素の特徴
について*

 ビタミンAビタミンAは、目の機能をサポ-トするための必須ビタミンで、また、皮膚を守り、細胞の酸化を防ぎます。OA作業やテレビで目をよく使う人や、肌荒れ、肌の衰えが気になる方に特に摂って頂きたい栄養分です。ビタミンAはあなごの他にウナギ、ホタルイカ等に多く含まれています。
カルシウムカルシウムは、体内における重要な必須ミネラル16種の1種で、骨・歯の組織を形成、血液凝固作用、心筋の収縮作用、精神安定作用、酵素活性化作用と多くの働きに関係があります。
不足しますと、発育不良や骨粗鬆症を引き起こします。
不飽和脂肪酸不飽和脂肪酸は、イワシ、サバなど青身魚やあなご、ウナギ、オリーブ油、サラダ油などの植物性脂肪に多く含まれています。コレステロールの胆汁への排出を促進して、血中のコレステロールを下げる働きがあります。
EPA
(エイコサペンタンエン酸)
EPAは魚に含まれている不飽和脂肪酸で、血液中のコレステロ-ルを減少させ、血液の固まりを防ぎ、脳梗塞や心筋梗塞の予防に効果があります。
DHA
(ドコサヘキサンエン酸)
DHAはEPAと同様に魚に含まれている不飽和脂肪酸で、脳を活性化させ、記憶力の向上とボケを予防する効果があります。
オレイン酸 オレイン酸とは、脂肪酸の一種で血中の善玉コレステロールはそのままに、悪玉コレストロールを下げる働きが有ります。

穴子とうなぎ

この記事でも
穴子とうなぎの比較について

触れていきたいと思います!

穴子はよくうなぎと比べられるけど、
確かに栄養価は数値的には劣りますが、

その代わり、

脂質がほぼ半分以下なので、

カロリーや油脂を
気に掛けている
方々にとっては

まさしく朗報です♪

 

穴子のたんぱく質は
うなぎを上回ります!

ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB1、
ビタミンB2、ビタミンEなど)は

うなぎと比べると
見劣りします。

ミネラル類
(カルシウム、鉄、亜鉛など)は
ウナギとほぼ互角です。

穴子とうなぎは似ていますが、
双方の栄養を
比較してみました。

① タンパク質は
うなぎより豊富!
② 脂質はうなぎの
半分以下!
③ カロリーは
うなぎの約4割低め!
④ ビタミン類は
うなぎの方が豊富。
⑤ ミネラル類は
うなぎとほぼ互角!

 

体力の向上、代謝活動の促進、
疲労回復に役立ちます!

それにビタミンAも
うなぎと比較するから少なく感じるだけで、

100gあたり500μgは魚介類の中では
トップクラスの多さです^^

穴子の栄養・
体への効果効能!

食べて健康、
免疫力Up・向上、
夏バテ予防、風邪対策!

広く日本人に
愛されているうなぎに比べ、

穴子って?と
疑問に思っている方々へ

・・・やっぱり穴子は
一年中食べても
損しないかも?!

今回も最後まで
お読み頂き、

ありがとうございます!!

穴子はただ
「美味しい」だけじゃなく、

こんなにもいろいろな効能が
あるだなんて、

なんて贅沢なんでしょうか^^;(笑)

皆さんもカラダに良い穴子を!!

特に秋吉穴子のあなご飯は研究を
重ねて日本一美味しい
穴子料理を目指しております!!

是非とも
ご賞味くださいませm(__)m

 

福岡市博多区で
穴子屋を商いにしております、
秋吉穴子と申します!
現在は出前専門の
博多名物『秋吉の穴子飯』を
宜しくお願い致します!

“穴子の知られざる魅力とは?!” への1件の返信

コメントは受け付けていません。